障害年金の決まり

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

障害年金をもらうためには、障害者であるという認定をしてもらってから障害年金申請をする必要があります。日本の法律や決まり事というのは曖昧な部分が非常に多いため、よく裁判になるケースもあるのです。しかし、障害年金をもらうための基準に関しては、しっかりと決められているので、条件を満たしていればもらうことができると言えるでしょう。では、どのような基準になっているのでしょうか。まずは基準がどのようになっているのかを知る前に、等級が存在することを知っておきましょう。

車椅子等級というのは、障害の程度がどれぐらいなのかによってもらえる金額も異なってくるので、障害の程度によって分ける必要があります。現在では1等級から3等級まで存在しており、最も障害の程度が重い状態が1級、逆に最も障害の程度が軽い状態が3級となります。等級ごとに認定基準が異なっているので、当然もらえる年金の金額も異なります。人によっては年月が経過すれば改善されることもありますし、逆に悪化してしまうこともあるでしょう。

このようにその人の状態に応じて、等級が変化することもあるのです。状態が悪くなった場合には、そのときに申請をして等級を認定してもらうのが一般的ですし、よくなったときには当然その状態で再び申請をしなければいけなくなります。障害の状態なども複数の項目に分けて決められているのです。当サイトでは障害年金の認定基準に付いて紹介しているので、身内や友人などに紹介年金の認定を行おうとしている人がいる場合には、参考にしてもらえればと思います。

Published by 管理者