主な認定基準

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

障害年金をもらうためには、基準を満たしている必要があります。また、1等級から3等級まであるのですが、主にこのような状態になった場合に認定されるという決まり事があるのです。1等級の場合には、障害によって長期間の安静や治療が必要な場合で、他人の介助が必要不可欠な状態の場合に認定されます。ようするに自分の力では生活することができない場合に認定されるのです。

それに対して2等級の場合には、1等級と同じように、長期の安静や治療が必要になる場合で、日常生活の全てが自分1人で行えないというわけではないが、場合によっては介助が必要な上に、仕事をして収入を得るのが難しいと判断された場合です。自分1人でできることはあっても、介助がなければ厳しい面もある上に、仕事ができない状態の場合には2等級になることが多いでしょう。

脚3等級の場合には、生活するだけであれば自分1人でできるものの、普通に仕事を行うのが難しいと判断された場合です。仕事によっては問題なくこなせるような状態では、認定されるのは難しいと言えるでしょう。このようにある程度大雑把な決まりがあるものの、これだけではなく、他にも視力や聴力、精神状態や下肢の状態など、詳しく決まり事が存在しているのです。

Published by 管理者