さまざまな基準

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

障害年金の認定基準はたくさん決まりが存在しています。例えば1等級の場合、両眼の視力が0.04以下という決まりもありますし、両耳の聴力が100デシベル以上などがあるのです。もちろんこれだけではなく、座っていることや立ち上がることができない障害があるなどの決まりもあります。1等級だけではなく、2等級や3等級であってもこのような決まりが存在しているのです。

パソコン障害年金と関係しているサイトには、このような認定基準の情報が記載されていますし、問い合わせをすればしっかりと教えてもらうこともできるので、まずはどのような基準になっているのかを知ることが重要になるでしょう。では、3等級の障害年金受給の認定はできないけれど、多少の障害が残っていて生活に支障が出る場合などは、支給してもらうことはできないのでしょうか。

実は障害年金には、3等級よりも下の段階に、障害手当金というのが存在しています。ケガや病気などで障害が残ってしまい、生活や仕事に影響が出る場合などにもらえるようになっています。3等級の認定はできなくても、障害手当金に当てはまる場合もあるので、忘れずに覚えておきましょう。もちろん障害手当金にもきちんとした基準が設けられているので、確認しておくことは必要になります。

主な認定基準

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

障害年金をもらうためには、基準を満たしている必要があります。また、1等級から3等級まであるのですが、主にこのような状態になった場合に認定されるという決まり事があるのです。1等級の場合には、障害によって長期間の安静や治療が必要な場合で、他人の介助が必要不可欠な状態の場合に認定されます。ようするに自分の力では生活することができない場合に認定されるのです。

それに対して2等級の場合には、1等級と同じように、長期の安静や治療が必要になる場合で、日常生活の全てが自分1人で行えないというわけではないが、場合によっては介助が必要な上に、仕事をして収入を得るのが難しいと判断された場合です。自分1人でできることはあっても、介助がなければ厳しい面もある上に、仕事ができない状態の場合には2等級になることが多いでしょう。

脚3等級の場合には、生活するだけであれば自分1人でできるものの、普通に仕事を行うのが難しいと判断された場合です。仕事によっては問題なくこなせるような状態では、認定されるのは難しいと言えるでしょう。このようにある程度大雑把な決まりがあるものの、これだけではなく、他にも視力や聴力、精神状態や下肢の状態など、詳しく決まり事が存在しているのです。

障害年金の決まり

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

障害年金をもらうためには、障害者であるという認定をしてもらってから障害年金申請をする必要があります。日本の法律や決まり事というのは曖昧な部分が非常に多いため、よく裁判になるケースもあるのです。しかし、障害年金をもらうための基準に関しては、しっかりと決められているので、条件を満たしていればもらうことができると言えるでしょう。では、どのような基準になっているのでしょうか。まずは基準がどのようになっているのかを知る前に、等級が存在することを知っておきましょう。

車椅子等級というのは、障害の程度がどれぐらいなのかによってもらえる金額も異なってくるので、障害の程度によって分ける必要があります。現在では1等級から3等級まで存在しており、最も障害の程度が重い状態が1級、逆に最も障害の程度が軽い状態が3級となります。等級ごとに認定基準が異なっているので、当然もらえる年金の金額も異なります。人によっては年月が経過すれば改善されることもありますし、逆に悪化してしまうこともあるでしょう。

このようにその人の状態に応じて、等級が変化することもあるのです。状態が悪くなった場合には、そのときに申請をして等級を認定してもらうのが一般的ですし、よくなったときには当然その状態で再び申請をしなければいけなくなります。障害の状態なども複数の項目に分けて決められているのです。当サイトでは障害年金の認定基準に付いて紹介しているので、身内や友人などに紹介年金の認定を行おうとしている人がいる場合には、参考にしてもらえればと思います。